マーチング指導の技術「練習の質を向上させる」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第7回マーチング指導者セミナー祭
平成29年7月29日(土)・30日(日)
於:仙台市および近郊(希望者は仙台駅から送迎)
定員:両日とも20名まで
※ペア割(同じ団体から2名以上で割引)あり

~あなたも『わかる』・『できる』!!~
~指導力レベルアップをあなたの手に!!
前祭(29日セミナー)
本祭(29日懇親・情報交換会)
後祭(30日セミナー)
後夜祭(30日懇親・情報交換会)
※詳しくはチラシをご覧ください※

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

(※講師の以前のレポートより抜粋)

練習の質を向上させる為には次の2つ、大切なことがあります。
①練習のシステムを構築する
②練習量を確保する

~①練習システムについて~
練習を円滑に進める為にはシステムが必要です。
システムがあることによって、
・何をすればいいのか
・どのくらいすればいいのか
・誰がまとめるのか(メンバー、セクション内で)
が確定します。
システムをつくることによって、メンバー同士で練習できる状況を作ります。

~②練習量について~
最初から質の高い練習は無理です。
(最初からできるのであれば、指導者は必要ありません)
まずは数をこなしていく必要があります。
練習回数は重要です。問題はこの数です。

さて、皆さんに質問です。

1時間の中で、何回練習していますか?(マーチングの全体練習で)

(後略)


~1時間の中で何回練習するか?~という問い。
つまり『はい、テンポアップから8小節間いきま~す』とか、そういうものを1回とカウント。
それを1時間で何回行っているのか?という話ですね。

普通、1時間で20回とかくらい、だそうです。
しかし、講師は60回は練習量を確保するそうです(!!)
もちろんそれは、後々のショウに明らかに、大きな差として現れてきます。

では、どうやったら回数を確保できるのか?
それが『指導技術』です。

是非、二日間通して体験してみて下さい。
きっと世界が変わるはずです。

マーチング界で、既に150名以上が受けたセミナーです。
いよいよ今月29・30に開催!


カテゴリー: 指導者セミナー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です